情報入力

平成29年09月14日


路線別の入力ルール
Close

連結した列車の入力ルール

基本編成を先に記入します。

15両から11両になる場合、4両・11両から15両になる場合はそのまま上書き更新してください。
現状15両から4両になる運用はありませんが、もし出た場合は同様に上書き更新しても構いません(過去の事例:内房線特別快速が木更津~館山間のみ4両でした)。
なお、横須賀線逗子~久里浜間の往復のみ11両になる場合は上書き更新しないでください(逗子~久里浜間で目撃した場合は基本編成+編成不明で登録してくださると助かります)。
編成不明が判明した場合は上書きせずに消してください。

佐倉で分割・併合する運用はローカルルールで記入しています。

佐倉で分割・併合する運用について

平日09・89運用 休日37・63運用は分割運用となります。

この運用は夜の一部時間は11両と4両が別の場所で動いている事になります。そのため、上記連結した列車の入力ルールを準用しますが、休日37運用を除き11両のみの時間があります。そのため、分割した後に4両付属編成のみを目撃した場合、11両基本編成が既に書かれている場合は付属編成を増結扱いとして書いて下さい。

平日09運用と休日63運用は佐倉で分割後基本編成は成田空港から平日は大船行き、休日は久里浜行きになりますが、付属編成の鹿島神宮行きも運用されているため、この運用に限り連結した列車の入力ルールに則って上書き更新する必要はありません。

佐倉で併合する27運用を記入する場合は11両(東京→佐倉/527F→3527F)のみ、4両(鹿島神宮→佐倉/2520M)のみでの入力も可能ですが、片方の編成が不明であるという状態にして入力しても構いません。2520Mでの入力の場合や、15両状態で入力した場合は状況欄でお知らせして下さい。

臨時列車について

横須賀線を走行する臨時列車は一行情報に記入してください。
総武快速線を走行する臨時列車は、特急車両であれば房総特急ページ、特急車両でなければ一行情報に記入してください。なお、臨時特急「日光」「きぬがわ」は東武特急に記入してください。

横須賀線と総武快速線の上下線扱いとそれによる公式遅延等情報の記入について

横須賀線上り:久里浜→東京
横須賀線下り:東京→久里浜
総武快速線上り:千葉→東京
総武快速線下り:東京→千葉
のようになっています。そのため、遅延等の情報を記入する際は原則、(例)「〇〇現在、△△での◇◇の影響で総武快速線(上り・下り)遅延」のように、路線名を記入してください。(〇〇:時間 △△:場所 ◇◇:事象)なお、一部区間のみ対象であれば、その支障対象区間と支障対象方面を入れるで大丈夫です。

付加情報について

以下の付加情報は現在順次設置等されているものです。記入の際の参考にしてください。
全ての編成への設置等完了した場合は、終了日付に月末の日付を記入してください。そうすることによって翌月には反映されなくなり、翌月の数日後には前月の付加情報の操作ができなくなるので。
なお日付終了を使わずに付加情報そのものを消すと、過去の設置等の状況そのものがなくなるのでおやめください。

見方
付加内容 該当するジャンル-レベル(わかりやすさ)
設置している場所(特徴)

1.フリースペース床部更新 4-B
→基本1・11号車、付属増1・4号車(ピンク色でベビーカー・車椅子マークがある)
2.一部LED照明 4-B
→各車両のだいたい2ヵ所。現在は付属のみ(明るさが異なっている)
3.乗務員室内ホームドア関連機器設置 5-C
→基本編成の1・11号車の乗務員室内(非常扉前と運転台の上部にある。非常扉前がわかりやすい)
4.増1号車乗務員室内ホームドア関連機器設置 5-C
→付属編成増1号車の乗務員室内(3.乗務員室内ホームドア関連機器設置と同じ。但し増4号車にはないのでご注意を)

運行表示
※現在時刻の場合は目撃時刻は省略可