情報入力

令和元年05月20日
70G
235 1606:52 池袋駅5番線入線待ち

←大 崎07280703池 袋 
←大 崎08360729大 崎←
 大 崎09440837大 崎←


路線別の入力ルール
Close

試運転列車の列車番号について

列車番号に「試xxxxG」と入力し,運行番号欄は空白のままにして下さい。

編成番号の入力ルール

通常の入力では「東トウ」「トウ」は省略し,「xx」(1桁の編成は0をつけて01等)と入力してください。
但し,人身事故等の当該編成等の一行情報への入力は「トウxx」と入力してください。「トウ」は全角カナでお願いします。

2020/03/01現在の山手線在籍車両
E235系(01~50)

車両交換・運用変更時の入力

運用の途中で特定の編成を車庫に入れて他の予備編成を出す「車両交換」の際は交換後の編成を入力する際に状況欄から「xxxxG」(xxxxは目撃した列車番号)と入力して下さい。列車番号が分からない場合は編成入力のみで構いません。なお、入力されている列車番号とは違う列車で変更している場合は、正しい列車番号に修正してください。
例:08Gで運用中であったトウ548が途中でトウ512に車両交換されたのを1408Gで目撃→08Gの欄に512を入力し、状況欄に「1408G」もしくは「1408G大崎より車両交換」と入力

遅延発生時に全ての列車の運用を遅延時間分後ろの運用に振り変える「段落とし」(運用変更)の際は、変更後の編成を入力する際に状況欄に変更後の列車番号を入力するか「運用変更」と入れて下さい。
例:外回り1801G トウ525が外回り全体での3本分の遅延の影響を受け1801G大崎到着時に1901Gではなく3本後の1921Gに振り替える場合→21Gの欄に525を入力し、状況欄に「1921G」と入力するか「運用変更」と入力

ラッピング等終了日の付加情報について

ラッピングやAD等の終了日をJRやjekiなどの公式ホームページで目撃した際は、「付加情報」の欄に終了日を入力してください。
複数編成がラッピングされていた場合は終了日が公式発表より前になる場合があります。ラッピングが剥がされている編成を確認した場合はその編成の終了日を確認前日付け終了にしてください。

付加情報のルール

編成単位で変更箇所が発生している場合は、運用中の編成の過半数に達した場合付加情報を変更することができます。

その際、変更前の表記には変更日前日付けで終了日にしてください。変更後の表記は変更日当日付けで開始日にしてください。
変更した後に当該編成が付加情報更新の対象となった場合、変更したのを確認した日の前日付けで終了にしてください。

なお、付加情報のレベルは以下の通りです。
A(初級向け):ラッピング、E235系AD統一等
B(一般常識):中吊りのみ統一等
C(マニアック):吊革広告、機器等(E235系の10号車新造車、線路モニタリング装置等)

新規に付加すべき情報が登場した場合どのレベルにするかは入力者の意思に任せますが途中で変更される場合があります。なお複数編成にわたる付加情報の場合、各編成の情報のレベルは統一してください。(例:フリースペース床部未更新編成が15編成居る場合はフリースペース床部未更新情報のレベルをBに揃える)

推測投稿防止について

当路線は推測投稿や他サイトから転載した運用情報の投稿が以前から多発していますが実際に目撃した情報のみ入力するようお願いします。

なお以下の投稿は目撃時間の追記を求める場合や無効操作が行われる場合があります。
・運用開始15分以上前や運用終了15分以上後の投稿
・同時確認不可と思われる投稿
・目撃時刻が不自然な投稿
・短時間に大量の投稿

なお、不審な投稿を繰り返した場合は無効処理されることがありますのでご注意ください。

旅客扱いをする臨時列車が設定された場合について

1.通常の客扱いをする列車の場合
A:常設されている運用の出庫が早まった場合
「当該の運用」にそのまま入力してください。なお、状況欄に列車番号を記入して下さい。
(例1:39Gが6時台から出庫した際は39Gの状況欄に臨時の列車番号を記入)

B:常設されている運用の入庫が遅くなった場合
Aと同様に「当該の運用」にそのまま入力してください。
通常の時間帯を外れる時間帯に投稿する場合は列車番号を記入してください。
(例2:33Gが23時代に入庫した際、33Gに記入がない場合は33Gの状況欄に臨時の列車番号を記入)
重複投稿は問題ないため投稿されている状態から臨時列車を投稿したい場合はそのまま重複投稿してください

C:常設されていない運用で走行した場合
一覧にない列車情報の運行表示欄に運行表示を記入して下さい。
(例3:80Gを大崎駅で確認した際は運行表示欄に80Gを記入してください。)。その際、状況欄に列車番号を併せて入力して下さい(目撃駅も入力可)
このパターンで12/31~1/1終夜運転が運行された場合は全て1/1に入力します。12/31に記入しても良いですが3:00以降になったら必ず1/1の方にデータの移行をお願いします。

2.団体臨時列車の場合
一覧にない列車情報の列車番号欄に列車番号のみを入力してください。運用番号は不要です。また表示を確認できたら状況欄に表記して下さい。
(例4:回送表記を確認→状況欄に回送と表記、団体表示を確認→状況欄に団体と表記など)

一行情報の記入

事故などによる列車の遅延や運休が生じたときは、JR東日本のホームページの運行情報欄に遅延・運休の旨が記載されている場合だけ記入できます(車掌や駅案内放送のみではNG)。事象の発生時刻はホームページに記載された時刻を採用してください。また、時間の表記に関して、「:」は使わず「時分」表記にご協力お願いします。
良い例…「9時42分現在」
悪い例…「9:42現在」

※現在時刻の場合は目撃時刻は省略可

発車時刻前です。
付記を選択してください。

到着時刻を過ぎています。
付記を選択してください。

遅れ(あれば)

●位置測定中