情報入力

令和3年04月16日

△─湯 本06190545強 羅─○
402

路線別の入力ルール
Close

編成番号の入力ルール

箱根登山鉄道は他の私鉄路線と同じく、車両番号+Fで入力してください
モハ1形
(104-106)→104F

モハ2形
(108)→108F

1000形(ベルニナ)
(1001-2201-1002)→1001F
(1003-2202-1004)→1003F

2000形(サン・モリッツ)
(2001-2002)→2001F
(2003-2004)→2003F
(2005-2203-2006)→2005F

3000形(アレグラ)
(3001)→3001F
(3002)→3002F
(3003)→3003F
(3004)→3004F
(3101-3102)→3101F
(3103-3104)→3103F
※3100形(2両固定編成)も、形式選択は3000形でお願いします

連結した列車の入力ルール

2編成以上が連結している時は、始発駅で先頭となる車両から順番に入力してください。3回のスイッチバックがあるので、始発と終点で向きが変わります。(下記を参考にして下さい。)

箱根湯本駅~出山信号所、大平台駅~上大平台信号所間では
→強羅行は先頭から、湯本行は後方から

出山信号所~大平台駅、上大平台信号所~強羅駅間では
→強羅行は後方から、湯本行は先頭から

編成を連結した3両編成の入力について

編成を連結した3両編成の場合、入力順だと1両+2両の連結が基本です。(108F+104F、3004F+2003F、3001F+3101Fなど。連結の相方は変わる場合があります。)
連結が入力順で2両+1両になっていた場合は、目撃した順番に入力し、状況欄に「逆編成」と入力してください。

運用解析と入力について

箱根登山鉄道では、箱根湯本駅での車両交換がほぼ毎日あります。また、繁忙期には段落としをやることもあります。
そのため、運用解析通りに来ない場合でも運用が違うなどの理由では無効化しないで下さい。

※現在時刻の場合は目撃時刻は省略可

発車時刻前です。
付記を選択してください。

到着時刻を過ぎています。
付記を選択してください。

遅れ(あれば)

●位置測定中